良く寝れてますか?

 寝つきが悪い

寝つきは良い方ですか?

 アラフォー前後以降の女性のお客様から良く耳にすることで、
「 疲れているのに、寝つきが悪いんです。」があります。
 そして、年齢が高くなるにつれて、「 導眠剤 」などを処方されている方が多いことに驚かされます。
ここでいう「寝つきが悪い」というのは、特に自律神経に関わる持病がない方の訴えと思ってください。
 自律神経が不安定になると「寝つきが悪い」どころか、「導眠剤」を服用しても効果が表れないことも起こりえます。

このような方は、医療機関に限らず、施術院に行かれることをお勧めします。

疲れの種類が変わってしまった

 薬を服用されてない健康な方に話を戻しましょう。
非常に便利になった世の中において、現代人一人に占める、「疲れ」の種類の比率が大きく変わってきた事が関係していると思います。

 ひと昔前まで女性では家事全般(炊事、洗濯、掃除)において、男性でも仕事において、よく体を動かさざるを得ませんでした。
しかしながら、文明の発達とともに、家事における労働量も減りました。社会に進出する女性の労働においても、体を動かすといっても全身運動というよりも特定の動きの労働(小さい動きの作業)やデスクワークが多いです。

 このことは、女性に限ったことではなく男性にも当てはまります。そうなると、体の疲れを占めていた、筋肉疲労が全身から特定部位へと移ります。
つまり、大きな動きをする筋肉の作業から小さい動きをする筋肉への作業に移ることで、比較的、疲労に強い姿勢などを保つ筋肉の疲労は変わらなくても、動くことで疲労する量が減ることで、体全体の筋肉疲労は減っています。

 このように、肉体の疲労が減ってきているということがまず、挙げられます。
加えて、目の使い過ぎによる視覚神経の過労があります。テレビに始まり、インターネット、スマホの使用により目は長時間、刺激を受けています。
 目を使うと自律神経の交感神経を刺激します。交感神経は興奮活動の神経なので刺激されると脳が活発に働き、覚醒します。そのため、ひと昔前よりも、目は疲れているものの、脳は興奮している状態がの方は多いと思います。

このような要因にストレスなどが重なると脳は更に興奮状態になるので、肉体疲労は少々、目は疲れているものの、脳は活発状態で益々、寝つきが悪くなります。

 このことから、ご相談を受けた時には、目の使い過ぎとできる範囲で体を動かす(階段、ウォーキング、家事)ことを指導しています。
 加えて、就寝の2時間前には夕食を済ませることもお勧めしています。 

ストレッチで快眠

寝る直前が効果的

施術にいらっしゃる方によく尋ねられることのひとつに、
「 何時、ストレッチすれば良いですか? 」があります。
プロアマを問わず、運動を日常生活に取り入れている方はその都度、怪我の予防も兼ねて行うことをお勧めします。
そうでない大多数の方は、一日の締めくくりとして、寝る直前の布団の上でのストレッチを進めています。

副交感神経を優位にして導眠へ

ストレッチの内容は、各々で多少異なりますが、入浴も済み、心身共にリラックスした状態で
行えることがおススメのポイントです。
 また、ストレッチが短時間のものですので、自律神経を副交感優位にし、速やかな入眠へと導きます。
そして、ほぐれたカラダは良質の睡眠をもたらす効果も期待できます。
交感神経を優位にさせやすい現代社会において、一日のしめくくりにストレッチを取り入れて、明日へしっかり備えましょう。


目覚めが悪い

自律神経を労わりましょう

 寒い朝は目が覚めても、なかなか布団から出たくないのは、誰しも同じです。
 今日お話しするのは、
 「 睡眠時間を十分に取っているにも関わらず、起きてみると、頭がスッキリしない。」と耳にしたお話です。

 文明の発達のお陰で夜型の生活が身近になっております。かく言う私も、二十歳前後は、1時、1時半に就寝などざらでした。
若い時は、体力もあり、深夜の時間つぶしはもっぱら、テレビ鑑賞でした。
近年は放送コンテンツ充実、スマホ、パソコンの普及で老若男女を問わず、時間を気にせず夜遅くまで充実した時間を過ごせるようになってます。

 しかしながら、意識とは裏腹に脳は自発的に無意識にリズムを作り、活動しています。
就寝前の食事や目の使い過ぎなども、入眠リズムを乱すひとつだと思われます。そして、無意識の脳の活動に逆らった生活が脳に少しずつダメージを与えて無意識のリズムを狂わせ、睡眠障害などの切っ掛けになっているのではないかと、個人的には考えています。

 睡眠には皆さんよくご存じの、レム睡眠とノンレム睡眠があります。睡眠時間の90分ごとに現れるのが「レム睡眠」です。このレム睡眠は入眠した直後、深い睡眠に陥った後、急激に睡眠が浅くなったところで始まります。1晩に4~5回出現し、1回が5~30分間持続します。このレム睡眠時では夢を見ていることが多いと言われています。
 私など、冬場は深い睡眠が浅くなるタイミングで寒さを感じて目覚めることで睡眠の周期を実感します。
 目覚めがスッキリしない方は、まず、この睡眠の周期を考えましょう。

自分の入眠タイミングを見つけましょう

 次に、先にもお話しした脳の無意識的なリズムについてです。
 寝付きやすいリズムというのが、どうもあるのではないかというのが私の実感です。

寝るタイミングをテレビ鑑賞や読書などて逃してしまった結果、1時間ほど寝付けなかったなんて経験ありませんか?寝れないなら最後まで見ておけば良かった・・なんてことです。
 個人差はありますが、この周期も含めて、レム睡眠中に目覚めをするよう注意したいものです。

 また、ご相談を受けた時には、もう一つ付け加えます。
 睡眠時間が午前零時を超えるか超えないかで睡眠の質が違うということです。(個人的見解)同じ睡眠時間6時間でも、23時に寝る場合と午前1時に寝る場合を比較しても目覚めた時の感じは違うと実感できると思います。

 スッキリした目覚めを得られるようにこうした細かいことを気にすることえを心がけるようお勧めしています。

のどが痛い

何はともあれ予防です

 気候の変動が大きいと、カラダは無意識のうちにストレスを感じるものです。
そうなると、免疫力、体力が落ち、風邪を引き易くなったり、病気の切っ掛けになったりするので、注意が必要です。

 冬場は風邪をはじめインフルエンザに罹患される話を耳にいたします。
 予防には、うがい、手洗い、十分な休養、栄養のバランスがとれた食事、マスクの装着を心掛けるのは今も昔も変わりません。

 今日、お話しするのは、インフルエンザにはこれが効くではなく、私の経験で風邪の初期症状にも効果がありそうな事です。

「鼻うがい」で風邪予防

 数年前までは、朝、起きた時に「 のどが痛い 」ことが、数えたことはありませんが、月に何度かあったことを覚えております。普通は「寝ているときに、口を開けてたか」程度の認識ですよね。

 ところが、特にこの1年はほとんど無くなりました。切っ掛けは耳鼻科で勧められた「 鼻うがい 」です。
 数年前の9月に、発熱を伴う風邪を引きました。インフルエンザの季節には早かったので、夏風邪かな?くらいの認識で市販薬で様子をみて順調に回復の経過を辿っていたのですが、そろそろ、熱も平熱かという日に、熱がぶり返し、
「 あれっ何だ、おかしい 」と思ったことを覚えています。
そこで、遅ればせながら耳鼻科を受診した結果が「 蓄膿症 」でした。最近では「 副鼻腔炎 」などとも言います。

 人生40数年、過ごしてまいりましたが、「蓄膿症って子供の疾患」程度の認識しかなかったので、驚いてしまいました。風邪薬では治りませんよね。

 治療は抗生物質の服用と自宅での「 鼻うがい 」。医師からは「 薬だけでは治らないと思ってください。」との、お言葉・・。その後、数日で熱も下がり、日常を取り戻しました。
 しかし、頭から「蓄膿症」が離れず、自身を振り返ると、のどによく痰の様なものの違和感を感じることが、当たり前で気にしていなかったことに気づきました。
そして、今回の騒ぎで、それが喉の奥に落ちていくような感触を改めて意識するようになりました。

 そこで、医師の言葉を思い出し、「 鼻うがい 」を毎日の習慣に取り入れてみました。
インフルエンザの季節も迎えていたので、丁度、良かったと思います。

 こうして、この習慣をとりいれた期間を振り返ると、「朝、起きたら、のどが痛かった」ということが皆無なことに気がつきました。
 そうなんです、きっと私、大分前から無自覚の蓄膿症(後鼻漏)だったようです。

そして、もうひとつ、風邪もこじらせることなく初期で治癒します。
もし、「 朝、起きたら、のどが痛い 」なんて症状がお有りでしたら、
「 鼻うがい 」お勧めですよ。

神奈川県茅ヶ崎市共恵1-3-20-101

お電話でご予約 : 0467‐88‐6606