湘南ローリング健康センター・鍼灸院 | Facebookページも宣伝
Google+ Tweet

ローリング療法って何?

 現代人は欧米風の食生活の普及によって動物性タンパク質や脂肪、高カロリー食品の増加による肥満や特定臓器への 負担増や社会的ストレスにさらされています。加えて交通手段の発達や電気機器の普及による運動不足により摂取したエネルギーを 消費しきれないことや反対に過剰な運動によってでからだのあちこちにシコリやウッ血(ローリング療法では血液循環障害の結果、できてしまうと考えています。) を作ってしまっています。これらが原因となり身体は不調になっていきます。
 ローリング療法はこれらの原因に対してゴムなどでできたローラーを使って全身を転がすこと(以後、ローリング)で血液循環を促し、硬くなっていた筋肉に少しずつ 血液を通うようにさせ、そこへ新鮮な血液が送り込まれることで細胞を活性化することで、新陳代謝を回復し、人間が本来持っている治癒力を高めて、腰痛、肩こり、 偏頭痛、めまいをはじめ身体の不調および原因不明の慢性疾患まで改善していこうという療法です。
このことからローリング療法は疾患を作り出す原因を改善する療法と考えてください。この効果は整体・マッサージ、ハリを複合して得られるものでローリングの特徴 でもあります。
 現代にはローラーマッサージ機など世間に出ておりますが、細かい部位へのアプローチを考えると手動型のローラーでの施術は必要なものです。

どんなことをしてくれるの?

 初めてローリング療法を受けられる方がまず感じるのが、ローラーを身体上に転がされた時のくすぐったさ(擽感)や痛さです。
それは「他人に身体を触られれば、誰でもくすぐったいもの」ですがローラーで感じる擽感はその感覚が少し違っています。 そして、このくすぐったいと感じる部分が身体の異常のある部分と考えて良いのです。この異常の程度により、人によってはローラーがそっと身体の上に置くというより、触れるか触れないかというような程度でも悲鳴をあげることがあります。それでも、施術を重ねるとやがてくすぐったさが消えていき、初めてシコリを感じとることができるのです。
 そこからシコリを取り除く段階に入るわけですが、このときにシコリの大きさを実感できたり、症状の程度によっては痛みを感じるかたもいらっしゃいます。 そこで施術者はその状態に応じてローラーにかける圧力を変えていきながら、まんべんなく転がしていきます。 そして、身体の症状が重ければ擽感を感じる範囲も広く、消えるのにも時間を要します。
 施術を受ける方の中には、「脇腹だからくすぐったいのは当たり前だ。」、「骨の上だから痛いのだ。」と主張される方がおりますが、これは全くの誤りです。 シコリやウッ血のない真に健康な肉体、新陳代謝がうまくいっていて、血液がスムーズにエネルギー化されている肉体にとっては、脇腹だろうが骨の上だろうがどんなに 強くローリングを行なっても痛くも痒くも、くすぐったくもなく、むしろ快いものです。
「くすぐったい」とか「痛い」というのは身体の異常を示す「生体防御の過敏反応」なのです。今までいらした方で、最初は施術台の上で七転八倒していた方が 施術を重ねてシコリがほぐれてくると嘘のようにリラックスされ、時には気持ちよく寝込んでしまう方さえいました。そして、擽感や痛みが薄らぐに伴い、体調も回復していきます。
 「くすぐったさ」、「痛み」は身体が異常を訴えるSOSなのです。これまでの医学界には全く存在しなかった概念ですがこれが実はとても重要な意味をもっていると理解して頂きたいと思います。

腰痛、肩こりの施術例

イラストの私

はじめまして、神奈川県茅ケ崎市の湘南ローリング健康センター
院長の宮田です。簡単に自己紹介させていただきます。

  • 昭和45年生まれです。
     小学生の頃は地域の野球チームに所属。そこそこ、足が速かったおかげで1番バッターでした。
  • 5年生の時に「野球肘」を起こしてしまい、遠投が苦手になってしまいました。
  • 今思えば、投球フォームが悪かったのでしょう・・・。
  • 中学では陸上部に所属。顧問の先生から砲丸投げを勧められ、3年間、
    校庭の片隅で黙々と鉄球を投げてました。地味な種目でした。
  • このころ、体調を崩し、初めてローリング療法に出会いました。
  • 思春期にまかせて、偏った食事(お菓子?)と疲労の蓄積で、
    全身がくすぐったかったことを覚えています。
  • 地元の県立高校、某大学に進学後は、部活動には脇目も触れず、
    楽しい学校生活を送っていました。
  • そんなこんなで、無事、社会人になれたものの、体調を崩してしまい。別の道を探すことに・・・
  • そこで長年、お世話になっていた「ローリング療法」の門をたたくことになりました。
  • 蓑原ローリング療法学院大阪校に在籍中に師匠(校長)に声を掛けられ、
    天王寺ローリング健康センターのスタッフになりました。
  • 当時は奈良のはずれに分院があり、天王寺と行ったり来たりの生活でしたが、
    車の運転好きの私には、非常に楽しい日々でした。
  • そして、蓑原ローリング療法学院大阪校を無事卒業し、5年間の修行生活を終えて
    茅ヶ崎に帰って、湘南ローリング健康センターを開設しました。
  • さらに呉竹鍼灸柔整専門学校卒業することで知識を深め、
    湘南ローリング鍼灸院を併設し、現在に至っております。
資格証明

当院の願い

ひと昔に比べると地域社会では世代交代もあり、近所同士のつながりも希薄になり、
年配者を含めた弱い立場の方々が孤立しがちであるという現状があります。

私どもは、そんな状況に加えて健康を損ない困っていらっしゃる方々の
痛みや心(健康の悩みも)を、少しでも解消し安心で充実した社会生活を送れるよう
持てる技術と知識をフル活用してお役に立たせたいと考えています。

何かあれば、いつでも気軽に相談できる
そんな町の頼れる治療院になることが、
当院の願いです。

料金表

アクセス

 地図検索は「 神奈川県茅ケ崎市共恵1−3−20 」でお願い致します。

・電車でお越しの場合
最寄駅はJR東海道線茅ヶ崎駅です。南口、向かって右側の階段を降りて下さい。ロータリーのタクシー乗り場の最後尾に 「ドトールコーヒー」がございます。その前の横断歩道を渡り、横浜銀行に向かって進んで下さい。 横浜銀行を通り過ぎたすぐの 道を左に曲がり、左側6軒目が当センターです
電車での地図
・お車でお越しの場合
地図中の駐車場マークは時間貸し駐車場です。 当センターは契約している駐車場がございません。近隣の時間貸し駐車場をご利用下さいませ。また、矢印は一方通行 を表しています。
緑線は西から、黒線は東からお越しになった場合の道順になります。
車での地図

お客様の声

 施術を受けられている方の声を載せさせていただきます。
個人の感想ですので、効果を保証するものではございません。

・ Lさん(女性 初診時20歳代)
お客様の声 その12
・ Kさん(男性 初診時50歳代)
お客様の声 その11
・ Jさん(男性 初診時50歳代)
お客様の声 その10
・ Iさん(女性 初診時40歳代)
お客様の声 その9
・ Hさん(女性 初診時70歳代)
お客様の声 その8
・ Gさん(男性 初診時70歳代)
お客様の声 その7
・ Fさん(女性 初診時50歳代)
お客様の声 その6
・ Eさん(男性 初診時50歳代)
お客様の声 その5
・ Dさん(男性 初診時50歳代)
お客様の声 その4
・ Cさん(女性 初診時30歳代)
お客様の声 その3
・ Bさん(女性 初診時70歳代)
お客様の声 その2
・ Aさん(女性 初診時50歳代)
お客様の声 その1